野菜栽培と雑記と私

初挑戦の野菜作りの備忘録と興味をもったことを徒然なるままに綴る場

歯科矯正インビザラインに申し込んだ

今回の記事は巷で有名な歯科矯正術であるインビザラインについての話です。歯並びや噛み合わせにお悩みの方は参考までに是非読んでみてください。

 

目次

1.インビザラインについて

 

皆さんはインビザラインをご存知でしょうか。歯科矯正術の一つで米国発、透明のマウスピースを用いて矯正する方法です。ジャスティンビーバーやトムクルーズ等の海外の有名人だけでなく、道端ジェシカや中野美奈子といった日本の芸能人やアナウンサーもインビザラインによる矯正を行っている等、日本でもかなり浸透している術式のようです。ワイヤー矯正と違い矯正していることが目立たない点が最大のメリットであり、食事や歯磨きの時に取り外すこともできるようです。

詳細は下記のサイトよりご覧いただけます。

www.invisalign.co.jp

私は上の前歯に隙間があり、下の前歯が1本前に出ているほどの癖のある歯で、今回知人の紹介でインビザラインを知り、試してみることにしました。

 

2.歯科で実際に行われたこと

 インビザラインは実施できる歯科が限られており、私は知人に紹介された都内某所の歯科で矯正を受けることにしました。まずマウスピース作成のために歯のレントゲン写真を撮られたり、デジタルスキャナーを口の中に入れられて歯型の確認をされました。そしてスキャナーによって現在の自分の歯の3DCGが作成されました。

 現在の状態です。

f:id:chronosdeer:20210201221224j:plain

これが矯正でこのように変わるようです。

f:id:chronosdeer:20210201221348j:plain

 こちらは下の歯。よりわかりやすいように並べます。(左が矯正前、右が矯正後)

前歯の出ているところが凹んできれいになっています。

f:id:chronosdeer:20210201221246j:plain  f:id:chronosdeer:20210201221415j:plain

 

しかしながら初回は虫歯が確認されたため、治療が必要と言われました。交通の便を考えてかかりつけが近所にあるのでそちらの方で治療を実施したのち、再来院し、歯の状態を確認していただきました。(再度デジタルスキャナーで歯型の確認をしたのちに今回は歯茎や、顔(横と真正面)の写真も撮られました。

そして契約書にサインをし、支払いをしました。今回の支払額は検査費用等もろもろ込みで150万です。フル矯正を選んだためこのような価格となりました。

 インビザラインは契約を結び、アライナーと呼ばれるマウスピースがアメリカで作成されて日本に届いてから矯正開始となるようです。矯正にあたって呼吸に問題はないか、運動はできるのかといったところを確認したところどちらも問題ないということでした。

 

3.まとめ

以上が私がインビザラインを開始するまでにあった出来事です。

正直このお値段半端なく高いと思います。

ただ、インビザラインには部分的な治療もあるようで、そちらなら値段は安くなるようです。また歯科によっても金額は変わると思います。

お金はかかっても、とにかく矯正し歯並びを良くしたいという方は矯正を受けられる歯科を探して実施してみるのもありかもしれません。ちなみにインビザラインは24時間のうち20時間はマウスピース装着が必須とのことです。また、マウスピースが届いた時に同様の記事を書きたいと考えています。

 

 *今回も最後までお読みいただきありがとうございます。興味を持ってくださった方、また次の記事や他の記事も読んでいただけると励みになります。そしてコメントや読者登録等もお待ちしています。