自己満雑記

初挑戦の野菜栽培の備忘録を中心にインビザライン歯科矯正やトレイルコース等の情報も紹介しています。

インビザライン情報(痛みは2つある、アタッチメントがひっかかる、チューイーは味がある)




f:id:chronosdeer:20210617075840j:image

今回の記事は久しぶりのインビザライン(歯科矯正)についてです。

これまでの記事については下記を参照。インビザラインがどんなものかから知りたい人、この記事に出てくる単語がわからない方はクリックしてください。

 

chronosdeer.hatenablog.com

  

chronosdeer.hatenablog.com

 

chronosdeer.hatenablog.com

 

前回アタッチメント歯に取り付けてアライナーの装着を固定するもの をつけてから約2ヶ月。ここまでの着用で知ったことについて3本立てで書きます。

目次

1.痛みは2つある

一つはアライナー(マウスピース)をしていて歯が強制的に押されている時の痛みです。

鈍い痛みが持続的に続きます。といっても耐えられないほどではない、歯科矯正ではやむを得ない痛みと言えるでしょう。

ただし、痛みがひどい時は矯正がうまくいっていない可能性があります。アライナーを外している時間が多いならば、装着時間の見直しをした方が良いと思います。

 

そしてもう一つがアタッチメントをつけた直後に発生する、口を誤って噛んでしまうことの痛みです。

歯の前の部分についたアタッチメントのに出た部分が食べ物を食べる時に引っかかって、食べ物を噛むと同時に自分の口の肉を噛んでしまうのです。

ただしこれは時間が経てばアタッチメント自体が擦り減ってくるために減ってきます。私自身もアタッチメント装着直後はこの痛みに悩まされ、まともに食事ができないと思いましたが、しばらくしてほとんど噛まなくなり普通の食事ができるようになりました。

アタッチメント装着直後は食事に気を遣うことになります。

 

2.アタッチメントがひっかかる

これもアタッチメントの装着直後に私が経験したことですが、これまで指で外せていたアライナーが、容易に外せなくなります。

アタッチメントが引っ掛かるのです。

これについては歯科に連絡して対処法を聞いたところ、「スプーンを使い裏側の奥から外すように」と言われ実行したところ楽に外すことができました。

これも時間の経過とともに徐々にこれまで通り手で楽に外せるようになりました。

 

3.チューイーは味がある

アライナーをしっかり装着するために噛むチューイーですが、歯科に処置に行った時に色が異なるものがあることがわかりました。

しかも色だけでなく噛んだ時に感じる味も異なります。現在確認しているうち次の3つがあることがわかりました。


f:id:chronosdeer:20210617075721j:image

緑:ミント味


f:id:chronosdeer:20210617075729j:image

黄色:パイナップル味


f:id:chronosdeer:20210617075806j:image

紫:グレープ味

 

  *今回も最後までお読みいただいた方いれば誠にありがとうございます。興味を持ってくださった方、また次の記事や他の記事も読んでいただけると、そしてコメントや読者登録していただけるならば励みになります。