自己満雑記

初挑戦の野菜栽培の備忘録を中心にインビザライン歯科矯正やトレイルコース等の情報も紹介しています。

トマト栽培の総括:トマト栽培初めての方が気をつけた方が良い点のまとめ

今回の記事はトマト栽培初心者の私がこれだけは注意するべきだと思ったことを2つあげます。これから初めて家庭菜園でトマトを育てるという方は読んで損はないと思います。

 

1.トマト栽培は脇芽取りをとにかく怠らない。

トマト栽培の私の失敗の1つは脇芽取りを初めの方に行わなかったことです。

通常は主の茎1本で育てて、支柱にからむようになります。

私のトマトはこれを怠ったことでたくさんの茎が伸び放題の、ジャングル状態になっていまいました。(逆に言えば茎がたくさん成長する程土が栄養過多だったということでもあるのですが・・・)

栽培の最初の方から脇芽が出ていないかを注意深く見ることが必要です。

 

2.とにかく雨を避ける。苗を植える時期を考える。

トマト栽培のもう1つの失敗は実がなる時季に雨が続いてしまったこと。これが最大の失敗。

1.で茎が四方八方に伸びてしまったために、雨対策でカバー等を取り付けたとしても届かないし、そもそも水分は土から吸収されるのだから、あまり意味ないかなと思って私はしなかったのですが、やはりきちんと育っているならば雨対策はした方が良いです。(・・・ってか普通きちんと育てる人はやりますよね。私の管理が単にずさんなだけ)

また、トマトの植え付け時期も重要になってくると思われます。

私が苗を植え付けしたのは5月の頭。苗の植え付け時期はおよそ5月〜6月となっていますので、もし、5月の後半や6月などもう少し時期をずらしていれば、今回のような事態は避けられた可能性もあります。

収穫時期がずれると今度暑くなってきて、乾燥等別のリスクが出てくると思いますが、そもそもトマト自体が過剰な水分を必要としない野菜ではあるので、水分過剰による影響は避けられると思います。

 

結局私が育てたトマトはほぼ全滅しましたが、それでも何とか2玉程は収穫することができました。

f:id:chronosdeer:20210719193945j:image

あとミニトマトに関してはまだ花が咲いておりまだ収穫できる可能性が残っています。

サカタのたねさんのページにもあるようにミニトマトの方がたくさん実がなりますし、初心者にも育てやすいのかもしれません。

参考:

sakata-tsushin.com

*今回も最後までお読みいただいた方いれば誠にありがとうございます。興味を持ってくださった方、また次の記事や他の記事も読んでいただけると、そしてコメントや読者登録していただけるならば励みになります。

 

トマトは全滅、しかし・・・

今回の記事は野菜栽培の備忘録です。2021年7月12日。先週末に畑に行けず、有休を取って畑に行ったら雨に降られてしまう始末。

そしてトマトの状況は。

 
f:id:chronosdeer:20210713082439j:image

f:id:chronosdeer:20210713082514j:image

f:id:chronosdeer:20210713082535j:image

全滅してました・・・(ToT)。

雨続きはやはり持ち堪えられませんでした。実はほぼ全て腐り、下に落下していました。やはり少しでも雨対策しているべきだったのかもしれませんが後の祭りでした。(主枝が曲がって育ってしまったりしたので、単純に傘をつけるような雨対策で対応できるような状況でもなかったのですが)

しかしながら若干の希望の光もありました。


f:id:chronosdeer:20210713082605j:image

何とミニトマトに関してまだ花が咲いていたのです。このまま梅雨が明けて晴れ間の出る日が多くなってくれば、もしかするとまだミニトマトは収穫できるかもしれないのでそれを祈りたいです。こんな劣悪な状況下でも花を咲かせて実をつけようとする、野菜の生命力、たくましさを垣間見たようでした。

一方で枝豆は


f:id:chronosdeer:20210713082635j:image

何と前回まで成長が不十分であったので収穫せずにそのままにしておいたものが成長し腐ることもなくしっかりと実っていました。

枝豆は開花から実が大きくなるまでに水分が十分ある方が良い ということを調べていましたが、さすがにこの雨続きで問題なく大きくなっていたのは驚きました。こちらも野菜の底力といったところでしょうか。

 

参考ページ

農家が教える枝豆の栽培方法 「乾燥」と「カメムシ」対策が重要! ぎっしり詰まった実を育てるには?

 

 *今回も最後までお読みいただいた方いれば誠にありがとうございます。興味を持ってくださった方、また次の記事や他の記事も読んでいただけると、そしてコメントや読者登録していただけるならば励みになります。

 

トマトの裂果 雨除けか?収穫のタイミングか?

今回の記事は野菜栽培の備忘録です。2021年7月3日。雨の合間のトマトの収穫ができないかと畑に行ったのですが・・・。

 

なんと、わずか3日(正確には2日と数時間)でミニトマトが完全に裂果していました。


f:id:chronosdeer:20210704150816j:image

雨続きの影響でしょう。

「トマト 雨」で検索すれば、いくらでも雨がトマトにとって良くないことや雨除けの方法が出ているので、対策を講じれば良いかとも思います。

ただ、ビニールやシート、傘のようなもので雨除けをしたところで、周囲の土に水が染み込みそこから水が吸収されるのだからあまり変わらないのではないかという考えと、たくさん実ができても食べきれなさそうなので、雨除けにお金と手間をかける必要もないかなという考えから、自然の成り行きに任せて(ってか完全放置で)います。

プランター栽培ならいくらでも調整効きそうですけどね。

 

 

私のようなズボラな感じではなく、きちんと管理してたくさん収穫したいという方は雨対策はした方が絶対良いと思います。

ただ今回の色づき&裂果までわずか3日ということを考えると、雨除けよりもやはり収穫のタイミングの方が私は大事なように思います。

前回の苺栽培で収穫近くになって雨が降ってダメになってしまった失敗にしても、頑張って平日に収穫しに行っていれば変わっていたかもしれないこともそう思う原因です。

いずれにしろ、自然の力はどうしようもないので、畑でトマトを育てる方はこればかりは野菜に影響が出ないことを祈るしかないのかと思います。

 

 *今回も最後までお読みいただいた方いれば誠にありがとうございます。興味を持ってくださった方、また次の記事や他の記事も読んでいただけると、そしてコメントや読者登録していただけるならば励みになります。

ミニトマトと枝豆の収穫

今回の記事は野菜栽培の備忘録です。

2021年6月30日。今年も半年が過ぎました。週末から、雨続きだったのでどうしても早めに収穫できればと平日の夜に足を運んだ畑の様子。


f:id:chronosdeer:20210702130543j:image

赤い方のミニトマトが色づいて収穫できる状態になっていました。3日前までは若干色づいた程度だったものが、綺麗な赤になっていました。

3日前↓


f:id:chronosdeer:20210702130555j:image

3日後↓


f:id:chronosdeer:20210702130631j:image

もう一つのオレンジの方のミニトマトも収穫できましたが、前回食べ頃少し手前だったものは残念ながらまた裂果して(亀裂が入って)いました。


f:id:chronosdeer:20210702200937j:image

大玉の方はまだあまり色づいていませんでしたが、一つだけ食べられそうなものがあったので収穫しました。

一方の枝豆は


f:id:chronosdeer:20210702200944j:image

3日ではさすがにそこまで変わりませんでしたが、それでも多くの鞘に実が入っていて食べられる状態でした。本当はもう少し大きくなるまで待ってみようと思っていましたが、この梅雨時今を逃したら収穫できなくなってしまうのではないかと思い、小さいものを残して取れるだけ収穫することにしました。

結構な量を収穫。


f:id:chronosdeer:20210702201025j:image

ニチレイのホームページに冷凍保存の方法が載っていたので、塩揉みでアクをとったのちに洗って、水気をとって冷凍保存しました。

www.nichireifoods.co.jp

 

 *今回も最後までお読みいただいた方いれば誠にありがとうございます。興味を持ってくださった方、また次の記事や他の記事も読んでいただけると、そしてコメントや読者登録していただけるならば励みになります。

収穫直前期のトマトと枝豆の様子


今回の記事は野菜栽培の雑記になります。

2021年6月24日。平日であるにも関わらず、この先の天気を考慮し、収穫できるものがあるなら収穫したいと畑を訪れました。

トマト


f:id:chronosdeer:20210626150021j:image


f:id:chronosdeer:20210626150043j:image

枝豆


f:id:chronosdeer:20210626150052j:image


f:id:chronosdeer:20210626150116j:image

トマトはまだ殆どが青い実のままでした。先週も取れたオレンジのミニトマトだけが今週もまた少し色づいているものがあったので収穫しておきました。

一方枝豆は雨がいい感じで続いているせいか、鞘が沢山ついていました。ただ、その殆どはまだ十分な大きさではなく、もう少し大きくなるまで待つ必要がありそうでした。

次の日曜から来週にかけては梅雨の影響が色濃く出て、不安定な天気が続く予報です。開花以降水を必要とする枝豆はともかく。過度な水やりを必要としないトマトにとっては収穫直前でおかしくなってしまわないかが気がかりです。来週はとにかく平日でも雨の降っていない時を見計らって、収穫に行く予定です。

 

 *今回も最後までお読みいただいた方いれば誠にありがとうございます。興味を持ってくださった方、また次の記事や他の記事も読んでいただけると、そしてコメントや読者登録していただけるならば励みになります。

梅雨時の野菜栽培の難しさ

今回の記事は野菜栽培の備忘録です。

2021年6月20日。先週は雨続きだったため、どうなっているのか。腐っていないか。楽しみよりも恐ろしさの方が勝っていました。その様子は。

 

トマト


f:id:chronosdeer:20210620115306j:image


f:id:chronosdeer:20210620115319j:image


f:id:chronosdeer:20210620115332j:image


f:id:chronosdeer:20210620115359j:image

まだ色づいてはいませんがとりあえず実は大きくなっていました。前回収穫できたオレンジのミニトマトは引き続き色づいた実が3つほどあったので収穫しました。

 

枝豆


f:id:chronosdeer:20210620115429j:image

葉がめちゃくちゃに茂っている状態でした。

一応葉と葉の間を見てみると鞘がかなりできていました。


f:id:chronosdeer:20210620115447j:image

今のところ問題がないようでしたが、きちんと膨らんで食べられるようになるのか、もう1〜2週間待つことになりそうです。

 

トマトといい枝豆といい、信じられないくらい葉や茎が成長してしまっています。そしてそれ以上に周囲の雑草がひどいことになっています。雨の影響が大きいです。

 

雨が降ると、水を撒かなくても済むのである意味楽なのですが、これ以上雨に降られると水分の調整ができません。カビが生えて失敗してしまったイチゴの二の前にならないのかが心配です。梅雨時の野菜栽培の難しさを感じています。

 

ちなみに収穫したトマトは全て実が割れている状態でした。

 

f:id:chronosdeer:20210620115500j:image

食べられるかどうかを調べたところ、下記のサイトに書かれていました。

lovegreen.net

 

腐っている様子はなかったので、食べてみるとまあ普通のミニトマトでした。そこまで味が落ちている風には感じられませんでした。

 

 *今回も最後までお読みいただいた方いれば誠にありがとうございます。興味を持ってくださった方、また次の記事や他の記事も読んでいただけると、そしてコメントや読者登録していただけるならば励みになります。

 

 

インビザライン情報(痛みは2つある、アタッチメントがひっかかる、チューイーは味がある)




f:id:chronosdeer:20210617075840j:image

今回の記事は久しぶりのインビザライン(歯科矯正)についてです。

これまでの記事については下記を参照。インビザラインがどんなものかから知りたい人、この記事に出てくる単語がわからない方はクリックしてください。

 

chronosdeer.hatenablog.com

  

chronosdeer.hatenablog.com

 

chronosdeer.hatenablog.com

 

前回アタッチメント歯に取り付けてアライナーの装着を固定するもの をつけてから約2ヶ月。ここまでの着用で知ったことについて3本立てで書きます。

目次

1.痛みは2つある

一つはアライナー(マウスピース)をしていて歯が強制的に押されている時の痛みです。

鈍い痛みが持続的に続きます。といっても耐えられないほどではない、歯科矯正ではやむを得ない痛みと言えるでしょう。

ただし、痛みがひどい時は矯正がうまくいっていない可能性があります。アライナーを外している時間が多いならば、装着時間の見直しをした方が良いと思います。

 

そしてもう一つがアタッチメントをつけた直後に発生する、口を誤って噛んでしまうことの痛みです。

歯の前の部分についたアタッチメントのに出た部分が食べ物を食べる時に引っかかって、食べ物を噛むと同時に自分の口の肉を噛んでしまうのです。

ただしこれは時間が経てばアタッチメント自体が擦り減ってくるために減ってきます。私自身もアタッチメント装着直後はこの痛みに悩まされ、まともに食事ができないと思いましたが、しばらくしてほとんど噛まなくなり普通の食事ができるようになりました。

アタッチメント装着直後は食事に気を遣うことになります。

 

2.アタッチメントがひっかかる

これもアタッチメントの装着直後に私が経験したことですが、これまで指で外せていたアライナーが、容易に外せなくなります。

アタッチメントが引っ掛かるのです。

これについては歯科に連絡して対処法を聞いたところ、「スプーンを使い裏側の奥から外すように」と言われ実行したところ楽に外すことができました。

これも時間の経過とともに徐々にこれまで通り手で楽に外せるようになりました。

 

3.チューイーは味がある

アライナーをしっかり装着するために噛むチューイーですが、歯科に処置に行った時に色が異なるものがあることがわかりました。

しかも色だけでなく噛んだ時に感じる味も異なります。現在確認しているうち次の3つがあることがわかりました。


f:id:chronosdeer:20210617075721j:image

緑:ミント味


f:id:chronosdeer:20210617075729j:image

黄色:パイナップル味


f:id:chronosdeer:20210617075806j:image

紫:グレープ味

 

  *今回も最後までお読みいただいた方いれば誠にありがとうございます。興味を持ってくださった方、また次の記事や他の記事も読んでいただけると、そしてコメントや読者登録していただけるならば励みになります。