野菜栽培と雑記と私

初挑戦の野菜作りの備忘録と興味をもったことを徒然なるままに綴る場

ど忘れを実験に。一部を肥料なしで育ててみようと思った。

今回も自身の野菜栽培の備忘録です。

 

2021年2月28日。2月最後の日。今日もラディッシュ栽培のための準備に畑に行きました。

肥料は毎度おなじみのアイリスオーヤマの牛ふん堆肥を3㎏程使い、土を耕して、畝幅60㎝、高さ10㎝程度の畝を立てました。

f:id:chronosdeer:20210228161049j:plain f:id:chronosdeer:20210228161134j:plain

今までは畝を自身の感覚で立てていましたが、今回は野菜栽培の本を参考に畝幅に支柱を立てて、紐を張ってその周りに土を寄せるようにして作ってみました。

 f:id:chronosdeer:20210228161310j:plain       f:id:chronosdeer:20210228161341j:plain


感覚でやっていた時よりもかなり楽に出来ました。
ちょっとした工夫だけで全然違うのだと感じました。来週にはラディッシュの種まきの予定です。

 そしていつものように苺の畝には水をやりました。そこまで先週と差はないようでしたが、葉の緑が心なしか増えている感じもしました。

f:id:chronosdeer:20210228161434j:plain

しかしながら、家に帰ってきて私はとんでもないことに気づきました。

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

化成肥料入れるのを忘れた・・・(゚Д゚;)。

愚かです。本来ならば1平米あたり100gの化成肥料をあげるところを完全な凡ミスしました。また来週畝を崩して立て直す予定です。

しかしながら、私はこうも思いました。

ラディッシュは正直メインで栽培したいものではない。いっそ肥料なしでどこまで野菜が育つか今日作った畝の一部を残して実験にしてみるか。

 

土壌の持つ栄養と堆肥の栄養だけという条件で果たしてどうなるのか。やってみようと思います。ちなみに「メインで栽培したいものではない」の意味は次回種を蒔いた時の記事に書きたいと思います。

 

畝づくりの参考書籍:はじめての野菜づくり(藤田 智著 日本文芸社

↑アマゾンではkindle unlimitedで無料で公開されているようです。

 

*今回は単なる自分の備忘録としての簡単な記事としましたが、もしお読みいただいた方いれば誠にありがとうございます。興味を持ってくださった方、また次の記事や他の記事も読んでいただけると、そしてコメントや読者登録していただけるならば励みになります。 

 

 

ラディッシュ栽培に向けて

今回は自身の野菜栽培の備忘録です。

 f:id:chronosdeer:20210223224434p:plain

2021年2月23日 春が近づきつつあり、強風吹き荒れる中、苺の水やりと同時に次に栽培予定のラディッシュの畝づくりの準備として、苦土石灰を100g/m2撒いて土を耕しました。

 

f:id:chronosdeer:20210223224229j:plain

ラディッシュは 二十日(はつか)大根とも呼ばれる通り、20~30日で収穫ができるようで、科はアブラナ科。小松菜と同じで、初心者うってつけの野菜と思われます。

 

 

f:id:chronosdeer:20210223224512j:plain

 苺の様子は相変わらず。しかしながら奥の一番弱っていると思っていた株が緑がかってきている感じがあり、復活の兆しかと期待しています。

 

*今回は単なる自分の備忘録としての簡単な記事としましたが、もしお読みいただいた方いれば誠にありがとうございます。興味を持ってくださった方、また次の記事や他の記事も読んでいただけると、そしてコメントや読者登録していただけるならば励みになります。 

意外にも隅に置けない特濃調製豆乳

今回の記事は豆乳好きの方、コレステロールや体重が気になるけれども間食を取りたい方、プロテインを飲んでいるけれども合成甘味料が気になる方等向けの情報です。豆乳嫌い、甘いもの嫌いな方でなければ読んで損はないと思います。

 

市販で売られている豆乳のパック飲料。有名なものはキッコーマンの豆乳シリーズ。通常の調製豆乳の他麦芽コーヒー、紅茶、ココア等非常にたくさんの種類があります。私も好きなので良く買うのですが、最近試しにと買った特濃の調製豆乳がなかなか良いなと感じたのでそれについてご紹介します。

 f:id:chronosdeer:20210221180156j:plain f:id:chronosdeer:20210221180239j:plain f:id:chronosdeer:20210221180323j:plain

 

目次

特濃調製豆乳の良いところ3点

1.コレステロール低下の特定保健用食品

まず、普通の豆乳飲料シリーズと違い特定保健用食品(トクホ)の指定を受けていること。似たものに機能性表示食品がありますがトクホは消費者庁(国)の認可を受けている点で異なります。効能はコレステロールの低下。人による臨床試験を実施しその効果が認められたものが表示されています。私事で恐縮ですが、毎年健康診断の結果でコレステロールの値は基準は超えていないものの、ちょっと気になるところがあるので、そういう意味ではありがたいです。

 

2.価格と味は調製豆乳と変わらず、殆ど多くのスーパーで売っている。

特濃とありますがキッコーマンさんの普通の調製豆乳とほとんど味が変わりません。余程味に敏感な人でないとわからないと思います。

それでいて価格も他の豆乳飲料シリーズとも同じでだいたいスーパーで1パック80円台で買うことができます。しかもだいたいのスーパーマーケットでキッコーマン調製豆乳麦芽コーヒーと一緒に売られていることが多いため、容易に買うことができます。

 

3.意外に高タンパクで合成甘味料は不使用

そのタンパク量8g。カロリーは108キロカロリー。同じキッコーマンさんの普通の調製豆乳(タンパク量7g カロリー116キロカロリー)、無調整豆乳(タンパク量8.3g カロリー113キロカロリー)であることを考えると、飲みやすいのにタンパク量とカロリーは無調整豆乳とほぼ同じです。

この8gという量は通常の粉のプロテインが通常使用量で大体15gくらいであることを比べると少ないような気がします。しかしながら、プロテインで有名なウイダーのサイトを見てみると、単純にタンパク量だけで見るならば8ℊ以下のプロテインも存在しており、牛乳200mL約6.6gと比べても高いことがわかります。

また、通常市販のプロテインは合成甘味料(スクラロースアセスルファムカリウムアスパルテーム)がほぼ含まれていますが、特濃調製豆乳には砂糖しか使われていません。運動後にプロテインを摂りたいけど、ちょっと合成甘味料が気になるという方にはうってつけのように思います。

 

以上が最近私が気付いた特濃調製豆乳の良いところ3点です。甘いものが苦手な方や料理のための使用は無調整豆乳の方が良いとは思いますが、そうでない方は普通の調製豆乳よりはちょっと優れているので一度試してみてはいかがでしょうか。ただし飲み過ぎは注意しましょう。

*今回も最後までお読みいただきありがとうございます。興味を持ってくださった方、また次の記事や他の記事も読んでいただけると励みになります。そしてコメントや読者登録等もお待ちしています。

 

    

 

 

 

苺のマルチング

今回の記事は苺栽培の備忘録です。

 

2021年2月14日。今日は苺の畝に黒マルチ(黒色マルチフィルム)を張りました。


  

f:id:chronosdeer:20210214173151j:plain  f:id:chronosdeer:20210214173348j:plain

実は2月11日祝日、化成肥料を一握りの半分程度、株と株の間に撒いて軽く耕しておりました。そののちに黒マルチを張る予定だったのですが、強風のため断念しました。

それで今日張ることにしたのです。

 

黒マルチは土の温度の上昇、雑草の予防などの目的で使われているものです。苺では2月~3月に張ることとされており、これは成長を促進するためです。

 

今回私はそれに加えて土の乾燥予防のために張りました。前回の記事でも書きましたが、現在も株の様子は変化なく半分枯れかかった状態です。正直このまま復活するのかも怪しい状況ですが、水を撒いてもう少し暖かくなるまで様子を見たいと思います。

 

ちなみにマルチを最初から張って冬を越させない理由は、苺は実は秋に休眠に入るのですが、これを目覚めさせるためにある程度の寒さが必要だから。この寒さの必要量を「低温要求量」と言います。今回育てている「宝交早生」という種類の苺は低温要求量が多い種になるのでマルチをかけない方が良いようです。一方「とちおとめ」や「とよのか」といったハウス栽培品種では低温要求量は少なく、マルチングをすることができるようです。

 

参考ページ:サカタのタネ 

イチゴは1月下旬から2月上旬にマルチングをした方がよいと聞きました。なぜ10月の植え付けのときにマルチングをしないのでしょうか。|園芸相談Q&A|サカタのタネ 家庭菜園・園芸情報サイト 園芸通信

JA石川かほく

イチゴ|家庭菜園|JA石川かほく

  

*今回は単なる自分の備忘録としての簡単な記事としましたが、もしお読みいただいた方いれば誠にありがとうございます。興味を持ってくださった方、また次の記事や他の記事も読んでいただけると、そしてコメントや読者登録していただけるならば励みになります。

 

 

 

苺を冬に枯らさないために

今回は苺栽培をしている方で冬越しをさせている方向けの記事です。継続中の苺の様子と、あるyoutubeの動画を見て苺を育てる上で気をつけるべきだと痛感したことを書きました。

苺を畑だけでなくプランターで育てている方もこのことをあらためて頭の隅に置いておくことで、栽培がうまくいかないことを防げるかもしれません。

 

苺の葉の枯れについて

1.苺の現状

2021年2月7日。いきなりですが現在の苺の状態はこのような感じです。

 f:id:chronosdeer:20210207173928j:plain

f:id:chronosdeer:20210207174143j:plain f:id:chronosdeer:20210207174206j:plain

 

以前、寒起こしの時に記事で紹介した時よりも、葉のほとんどが茶色く変色してしまっています。先週確認して時点でもこのような感じでした。

何が原因だろうか、もう育たないのか・・・と思っていましたが、あきらめきれずネットで「苺 冬 枯れる」というキーワードで検索して調べていたところ、偶然ある動画にたどり着きました。

 

2.冬の苺の枯れの正体がわかった動画

 

www.youtube.com

 

これは、苺農園のコンサルティング等を行う会社の代表である宮崎さんという方がご自身のチャンネルで上げているものでした。

これを見た時に、まさに枯れの原因が良くわからず悩んでいたもやもやが吹き飛びました。

全ては水の量が原因だと・・・。

冬の寒さや病気ではなく水が足りていなかったようでした、勿論一週間に一回は畑へ行き水を上げていましたが、この冬は晴天続きでほとんど雨の日が無かったこともあり、それでも足りていない状況だったのかもしれません。この乾燥の季節、苺も喉がカラカラになってしまっていたということです。

 

3.まとめ

正直今の私の苺の状態は動画でいうところの瀕死状態かもしれません。ただ株の中にはまだ根元の部分が少し緑がかっているものもありました。復活する可能性を信じてしばらくは水の量に気を付け、今度はマルチフィルムを張ろうかと考えています。

苺は水をやり過ぎてもダメですが、乾燥もダメ。本当にデリケートな植物だということが良くわかりました。

 

*今回も最後までお読みいただきありがとうございます。興味を持ってくださった方、また次の記事や他の記事も読んでいただけると励みになります。そしてコメントや読者登録等もお待ちしています。

歯科矯正インビザラインに申し込んだ

今回の記事は巷で有名な歯科矯正術であるインビザラインについての話です。歯並びや噛み合わせにお悩みの方は参考までに是非読んでみてください。

 

目次

1.インビザラインについて

 

皆さんはインビザラインをご存知でしょうか。歯科矯正術の一つで米国発、透明のマウスピースを用いて矯正する方法です。ジャスティンビーバーやトムクルーズ等の海外の有名人だけでなく、道端ジェシカや中野美奈子といった日本の芸能人やアナウンサーもインビザラインによる矯正を行っている等、日本でもかなり浸透している術式のようです。ワイヤー矯正と違い矯正していることが目立たない点が最大のメリットであり、食事や歯磨きの時に取り外すこともできるようです。

詳細は下記のサイトよりご覧いただけます。

www.invisalign.co.jp

私は上の前歯に隙間があり、下の前歯が1本前に出ているほどの癖のある歯で、今回知人の紹介でインビザラインを知り、試してみることにしました。

 

2.歯科で実際に行われたこと

 インビザラインは実施できる歯科が限られており、私は知人に紹介された都内某所の歯科で矯正を受けることにしました。まずマウスピース作成のために歯のレントゲン写真を撮られたり、デジタルスキャナーを口の中に入れられて歯型の確認をされました。そしてスキャナーによって現在の自分の歯の3DCGが作成されました。

 現在の状態です。

f:id:chronosdeer:20210201221224j:plain

これが矯正でこのように変わるようです。

f:id:chronosdeer:20210201221348j:plain

 こちらは下の歯。よりわかりやすいように並べます。(左が矯正前、右が矯正後)

前歯の出ているところが凹んできれいになっています。

f:id:chronosdeer:20210201221246j:plain  f:id:chronosdeer:20210201221415j:plain

 

しかしながら初回は虫歯が確認されたため、治療が必要と言われました。交通の便を考えてかかりつけが近所にあるのでそちらの方で治療を実施したのち、再来院し、歯の状態を確認していただきました。(再度デジタルスキャナーで歯型の確認をしたのちに今回は歯茎や、顔(横と真正面)の写真も撮られました。

そして契約書にサインをし、支払いをしました。今回の支払額は検査費用等もろもろ込みで150万です。フル矯正を選んだためこのような価格となりました。

 インビザラインは契約を結び、アライナーと呼ばれるマウスピースがアメリカで作成されて日本に届いてから矯正開始となるようです。矯正にあたって呼吸に問題はないか、運動はできるのかといったところを確認したところどちらも問題ないということでした。

 

3.まとめ

以上が私がインビザラインを開始するまでにあった出来事です。

正直このお値段半端なく高いと思います。

ただ、インビザラインには部分的な治療もあるようで、そちらなら値段は安くなるようです。また歯科によっても金額は変わると思います。

お金はかかっても、とにかく矯正し歯並びを良くしたいという方は矯正を受けられる歯科を探して実施してみるのもありかもしれません。ちなみにインビザラインは24時間のうち20時間はマウスピース装着が必須とのことです。また、マウスピースが届いた時に同様の記事を書きたいと考えています。

 

 *今回も最後までお読みいただきありがとうございます。興味を持ってくださった方、また次の記事や他の記事も読んでいただけると励みになります。そしてコメントや読者登録等もお待ちしています。

 

半年でたった200アクセスの弱小ブログに現れたちょっとした変化

今回の記事は私がこのブログを続けて来て、最近になってアクセス解析で起こった変化についてです。私のブログは野菜栽培等どちらかというと興味のある人が限られているであろう内容がメインで、畑もブログも初心者で知識が乏しいです。そして更新頻度もおよそ週1ペースとそれほどマメではないです。そんな訳でアクセス数は鳴かず飛ばずの状況。半年で総数200ちょっとと正直ブロガーとしては、超弱小のザコブロガーということをカミングアウトします。
ですが、半年続けて40以上の記事を書いてきて、最近アクセス解析である変化が起こりました。それについて下記に述べたいと思います。

目次

ブログに現れたちょっとした変化

1.アクセス数0でない日が1ヶ月続く

これまで毎日のアクセス数が0という日は数知れず。ブログを書いた時点は幾つかアクセスが来るのですが、それ以降のアクセスが全くない状況が続いていました。はてなブログのアプリを使って空いた時間にアクセス数を確認し、0を見てはため息。やっぱり折角作った記事も全く見てもらえないというのは凹みます。しかしながら去年の12月19日から毎日アクセスが少なくとも1つは来るようになり、奇跡的に1ヶ月連続でアクセス0の日がない状況が続いたのです。

 f:id:chronosdeer:20210123070538j:plain

自分のアクセスだろうと思われる方もいるかもしれません。一応はてなブログでは自分のアクセスはカウントされないとなっているので、それはないものと信じています。勿論ログインせずに直接自分のブログにアクセスすればアクセス数としてカウントされると思いますが、故意にアクセスを増やそうとその手段を取ったということもありません。

 

2. アクセス数2桁を初達成

野菜栽培の「寒起こし」についての記事を書いた日に10を超えるアクセスがありました。この4ヶ月で初めてです。ちなみに4時間以上かけて一生懸命書いて、写真を貼り付けて…と頑張って書いた雲取山トレイルのブログですら8か9どまりでした。

 

f:id:chronosdeer:20210123070915j:plain

3. グーグルからのアクセスが現れた

これが一番嬉しかったでしょうか。先日初めてグーグルからのアクセスがあったのです。それまでは、はてな(ブログ、ブロググループ、キーワード)から以外の外部アクセスとしてマイクロソフト検索エンジンBingからしかなかったのですが、偶然にもグーグルからのアクセスがありました。

 

f:id:chronosdeer:20210123071309j:plain

4. まとめ

以上が最近起こった変化です。これから言えることはブログ始めたての方はあきらめずに記事をたくさん書いていれば、結果としてアクセス数に変化の兆しが現れるということです。なぜならばこんなに洗練されていない私のブログでもこういうことが起きたのだから。私は正直こんな変化だけでもとても嬉しかったです。

この記事を読んで、「こんなブログよりも私の方がマシだ」と思ってもらって構いません。この記事がアクセス数少なくて悩んでいる方の役に立ってさえくれれば良いです。しかしながら、私もただ見ているだけではなく、何かアクセス数を集める工夫を調べて、実行したり、記事の内容の充実を図っていきたいと思っています。もし、「ここを変えればもっとうまくいくのに」と思ってらっしゃる方がいたら是非とも具体的な改善策などコメントをいただければこれほど嬉しいことはありません。

 

*今回も最後までお読みいただきありがとうございます。興味を持ってくださった方、また次の記事や他の記事も読んでいただけると励みになります。そしてコメントや読者登録等もお待ちしています。