時々是パン紹介記

過去は野菜栽培挑戦の記録等、今は主にパン紹介記事のブログにしています

吉祥寺のパン屋 美瑛のパンを食す とうきびロールはリピ確定

今回の記事は吉祥寺の東急百貨店にあるパン屋さん「美瑛」のパンの感想です。

お店の紹介

 

吉祥寺の東急百貨店3階の一角にある「美瑛」さんはその名の通り、北海道美瑛町産の小麦を使用したり、北海道産の素材を使用したパンが売られています。こちらは何と中日本高速道路株式会社(NEXCO中日本)のグループ会社が運営しているようです。

www.highway-advance.co.jp

パンの紹介

今回購入したパンはこちら。

「たまごサラダ」(税込320円)

「美瑛ロール とうきび」(税込250円)

「味わうハスカップクリームチーズ」(税込210円)

f:id:chronosdeer:20221107131506j:image

たまごサラダ

f:id:chronosdeer:20221107131601j:image

約13センチ程の大きなサンドイッチにたっぷりと具が詰まった一品。

中の具は紫キャベツ、トマト、レタスそしてたまごサラダです。色鮮やかで見た目からも本当に食欲をそそられます。

実食してみるとたまごサラダの塩味とトマトの酸味が絶妙に合います。ざく切りのレタスと千切りの紫キャベツのシャクシャク感もGOODです。

 

美瑛ロール とうきび

f:id:chronosdeer:20221107131610j:image

表面に塩も乗ったバターロールです。切ってみると何と中からとうもろこしが溢れ出て来ました。

f:id:chronosdeer:20221107131623j:image

食べてみるとやや塩味は強いかもしれません。しかしながらバターととうもろこしの組合せは素晴らしい。リピ確定の一品です。

パンの裏側生地のサクッとした食感がまた良い。

f:id:chronosdeer:20221107131641j:image

味わうハスカップクリームチーズ

f:id:chronosdeer:20221107131716j:image

大きさは小ぶりでお寿司のような指でつまめる程度です。中を割ってみるとしっかりとハスカップジャムが詰まっていました。

f:id:chronosdeer:20221107131725j:image

食べてみると、ハスカップジャムは意外と酸っぱいです。ブルーベリージャムのような見た目なので甘いものと想像していましたが別物でした。これと優しい甘さのチーズクリームが絡まっていて美味しいです。


f:id:chronosdeer:20221108183820j:image

3つで780円でした。このお店は全国展開はしておらず、この吉祥寺だけのようです。吉祥寺に寄った際は一度訪れてみるのも良いかもしれません。

不定期更新。本当に気の向くままに自分の興味をもったことをアップするだけの洗練されていないブログですが、良かったら他の記事も見て行っていただけると幸いです。

銀座のパン屋 ハートブレッドアンティーク銀座のパンを食す ゆずソーセージの美味しさが反則級

今回の記事は銀座にある人気のパン屋さん「ハートブレッドアンティーク」のパンの感想です。銀座のパン屋さん紹介も今回で3件目となりました。

 

お店の紹介

パンや洋菓子を手掛けるオールハーツ・カンパニーという会社を母体とする「ハートブレッドアンティーク」は看板商品の「マジカルチョコリング」をはじめとしたユニークな商品を売っている全国展開のお店です。

オールハーツ・カンパニーの発祥は名古屋ということでまたしても関西発祥。銀座には本当に関西発祥のパン屋さんが多いですね。

今回訪れた銀座店は銀座レンガ通り(MUJIホテルがある通り)のビルの一階にあり、外観がパン屋感を全く感じさせません。普通に歩いていると見過ごしてしまうかもしれないほどです。(実際私は一度見過ごしてしまいました)



商品の紹介

今回買ったものは

「ねこねこピザトースト」(税込430円)

「ゆずソーセージ」(税込390円)

そして焼き菓子の「世にもおいしいチョコモーモーブラウニー」(税込180円)


f:id:chronosdeer:20221030135233j:image

ねこねこピザトースト


f:id:chronosdeer:20221031042548j:image

見たまんまのネーミング。生地の形が猫の顔をしています。袋にはパンを入れたときに片目を閉じた猫のイラストになるように仕掛けが施されています。


f:id:chronosdeer:20221031042604j:image

具はハムが土台にあり、その上に玉ねぎ、ピーマン、コーン、そしてチーズの組み合わせ。食べてみるとピザトースト生地は厚く柔らかめです。玉ねぎが大きめでシャキシャキ感が味わえるのが良いです。

 

ゆずソーセージ

f:id:chronosdeer:20221031131452j:image

極太のソーセージにパセリとマヨネーズと柚子胡椒がかかっています。半分に切ってみると
f:id:chronosdeer:20221031131513j:image

ソーセージの周りにクリームチーズが現れます。上から見ただけはわかりにくいです。

見た目はありふれたホットドッグやソーセージパンと同じ感じです。

しかしながら一口食べるとソーセージのジューシーな肉汁とプリッとした食感それに濃厚なクリームチーズの絡むハーモニー。更には柚子胡椒の酸味と辛味がこってり味をいい感じに引き締めています。

↓少しトーストしてみたものです。


f:id:chronosdeer:20221101080526j:image

正直一口食べた時から「これは反則級の旨さだよ」と思って思わず笑みがこぼれました(笑)

普通は酸味と濃厚さとオイリーさを加えてくれて主役となれるはずのマヨネーズが、このパンではクリームチーズと柚子胡椒が際立ってしまい、影を潜めているという逆転現象が起きているという感じです。

世にもおいしいチョコモーモーブラウニー

こちらはパンではなく焼菓子です。


f:id:chronosdeer:20221101221724j:image


f:id:chronosdeer:20221101221809j:image

食感はサクサクとしていて厚めのクッキーのような感じ。


f:id:chronosdeer:20221101221842j:image

ナッツのようなものが入っていましたが、原材料欄にナッツはなかったので恐らくホワイトチョコチップだと思われます。

「ミルキーで優しい味わいをお楽しみください」と書いてありましたが、まさしく説明の通りの味わいです。カカオの苦味は全く無いまろやかなブラウニーでした。逆にチョコのビター感を求める方は物足りなさを感じるかもしれません。

でも美味しくて価格もお手頃なので買ってみるのも良いかもしれません。

ちなみに名前にあるチョコモーモーですが、こちらはEXILEのTETSUYAさんがプロデュースしたコーヒーショップAMAZING COFFEE(アメイジングコーヒー)のメニューの一つでチョコレートとミルクを使ったドリンクのようで。これとコラボして作られたのがこのブラウニーのようです。

www.amazingcoffee.jp

www.amazingcoffee.jp

おわりに

以上「ハートブレッドアンティーク」のパンとお菓子を3つ紹介しました。3つでおよそ1000円でした。


f:id:chronosdeer:20221101192525j:image

クオリティはやはり良いと思います。今回食べたゆずソーセージは特におすすめです。お店に買いに行く際は注目してみてはいかがでしょうか。

不定期更新。本当に気の向くままに自分の興味をもったことをアップするだけの洗練されていないブログですが、良かったら他の記事も見て行っていただけると幸いです。

格安パン屋 ブーランジェベーグのパン紹介と新着情報 新たにスタートした「ベーグの日」金券キャッシュバック&#30 ジャムとクリームで安定の美味しさ 苺のシャンティ

今回の記事はパン紹介、そして新たにブーランジェベーグで始まった金券キャッシュバックの新着情報の2本立てです。

ブーランジェベーグの金券キャッシュバック情報

ブーランジェベーグで今月から「ベーグの日」というお客様感謝デーがスタートすることが先日HPで紹介されていました。

bakery-aqua.com

なんと20%の金券をキャッシュバックしてくれるとのことで、昨日25日に早速実態を確かめに行きました。

今回買ったのは苺のシャンティ(パン)と

 

f:id:chronosdeer:20221026074730j:image

エスプレッソの焼きドーナツ(焼菓子)


f:id:chronosdeer:20221026074806j:image

期限が近かった為にいずれも割引されていたのでお得でした。

それでもきちんとキャッシュバックしてもらえるのか?その結果がこちら

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・


f:id:chronosdeer:20221026074909j:image

なんとレシート金券でした。レシートの下部に「パン金券」の文字と手書きで記入できる欄が。実際にレジの店員さんが購入後に計算して手書きで書きこんでくれました。その額は34円。20%キャッシュバックということなのでこれはどうやら税抜価格に対して20%のようでした。そして利用期間は12月31日まで。意外にも長かった。

その他の特徴は以下の通り

・全店で利用できる

・他のクーポンとの併用はできない。(LINEクーポンなどを対象としているのでしょうか?)

・おつりは出ない

・再発行はできない

・切り取り無効(点線のようなものが書いてありますが、これはレシート部分と区別するための線のようで、「切り取らずにお持ちください」と書いてありました。紛らわしいから逆にこのような点線はない方が良いとも思いますが・・・)

今回の購入では割引しているパンに対してもキャッシュバックしてくれました。他の店舗はわかりませんが恐らく同じような形で対応してくれるのではないでしょうか。

ただ現時点でも気になることはあります。

一つは利用期間が来月の25日にもらった場合も12月31日のままなのか?それとも期間が延長されるのか?ということ。もしかすると今年いっぱいもらえる金券は利用期間が12月31日で統一されるかもしれません

そしてもう一つは金券を数枚持っていた時にまとめて利用できるかということ。これに関してはまた次回の金券キャッシュバックの日に訪れて2枚目をもらって以降に使うことで試してみたいと思います。よってこの金券しばらく取っておこうと思います。

いずれにしてもお得な「ベーグの日」の金券キャッシュバック。このお店の利用頻度が高い方は是非この日に買い物に行くと良いのではないかと思います。

 

2022年11月25日更新

第二回の「ベーグの日」ということで今回もパンを購入したところ。前回と同じレシートに購入金額(税抜)の20%の額が書かれました。


f:id:chronosdeer:20221125225704j:image

そして今回ご利用可能期間を見てみると、なんと2023年1月31日までの記載が!前回気になった利用期間は延長されるということがわかりました。すなわちもらった日から約2か月となる模様です。

また、店員の方に聞いてみたところ、一度に複数枚の使用が可能だということでした。ただし前回もらったものは当然ながら前回の期限までしか使えないのでその点は注意が必要なようでした。

パン紹介

激安パン屋ブーランジェベーグのパン紹介。今回は先程出てきました。


f:id:chronosdeer:20221026132828j:image

苺のシャンティ(2022年9月価格改定後時点 税抜120円)

こちら以前紹介した「小倉あんクリームシャンティ」と全く同じ生地で中身にいちごジャムが使われたものになります。

 

chronosdeer.hatenablog.com


f:id:chronosdeer:20221026132917j:image

切ってみるとやはり生クリームの量はたっぷりでした。

味は生クリームの甘さといちごジャムの甘酸っぱさのコラボ。ケーキ等でも良く見られる生クリームとフルーツジャムやソースの組み合わせは何も言うことありません。安定の美味しさがあるといった感じです。

試しにトーストしてみたら。


f:id:chronosdeer:20221026132922j:image

生クリームが溶けて液状になってしまいました。

パンが焼かれてからだいぶ時間が経ってしまっており生地がしなっとしていたような感じだったので芳ばしくしたいと、生クリームが溶けてしまう可能性は承知の上で試してみましたが案の定でした。でももう少し時間を短くしていれば変わったかな~?

まあ、それでもジャムの甘酸っぱさは変わらず、生地がサクッとしてこちらは美味しくなったので、お好みで試してみてはいかがでしょうか。(責任はもちません)

 

不定期更新。本当に気の向くままに自分の興味をもったことをアップするだけの洗練されていないブログですが、良かったら他の記事も見て行っていただけると幸いです。

銀座のパン屋 ビゴの店のパンを食す フランスのお菓子ファーブルトンが乙な味わい

今回の記事はマロニエゲート銀座2にある人気のパン屋さん「ドゥースフランス ビゴの店」のパンの感想です。

お店の紹介

www.marronniergate.com

マロニエゲート銀座2(UNIQLOが1階にある)の地下2階にある、ビゴの店は、日本にフランスパンを広めたフランス人のフィリップ・ビゴ氏が設立した有限会社ビゴの東京にあるのお店のようです。ビゴの店舗は1号店のオープンした兵庫の芦屋を中心とした地域にあるようで、東京ではここだけのようです。

そういえば過去に紹介したパン・メゾンは愛媛でした。

chronosdeer.hatenablog.com

こちらは兵庫。銀座に関西が発祥のパン屋が2件もあるとは初めて知りました。

パンの紹介

今回購入したパンはこの3種類。写真右上はソーセージのパン(値段 税込540円)

左上はファーブルトン(値段 税込432円)真ん中下はノア・レザン(小)(値段 税込270円)
f:id:chronosdeer:20221016211451j:image

ソーセージのパン
f:id:chronosdeer:20221016211539j:image


f:id:chronosdeer:20221016211553j:image

直径15㎝近くあるパン生地に極太のソーセージが真ん中に挟まれているボリューム満点の一品。トマトとピクルスが上に乗り楊枝が刺さっています。見えないけれどカボチャの種らしきものもトマトの下に隠れていました。前回紹介した成増のパン屋の豚肉ときんぴらのパンもそうでしたがボリュームのあるパンは値段が高くても納得してしまいます。

chronosdeer.hatenablog.com

 


f:id:chronosdeer:20221016211620j:image

生地はとても弾力と歯ごたえがあるけれども、パサパサした感じは全くありません。ソーセージはこんなに大きいのになぜかしっかりとハマっていて食べていてもずれてくることがなかったです。(何かでくっついているのか?)

トーストすればソーセージは肉汁がしみ出てくる感じになって本当に美味しい。トマトとピクルス(と種のようなもの)も美味しいですが味のアクセントになる程のパワーはなく、やはりソーセージの味には敵わないという感じです。名前の通りソーセージメインに味わうパンです。

ファーブルトン
f:id:chronosdeer:20221016211654j:image

f:id:chronosdeer:20221016211706j:image

チーズケーキのような固いプリンのようなタルトのような不思議なスイーツ。調べてみるとフランスのブルターニュ地方に地方に伝わるお菓子ということでした。

food-mania.jp

f:id:chronosdeer:20221016211735j:image


f:id:chronosdeer:20221016211747j:image

生地は甘さ控えめでしたが。下に入ったドライプルーンに甘味があってそれがアクセントになっています。全体として上品な甘さのスイーツといった感じでした。ドライプルーンが使われているのが個人的には良いと思います。パンやスイーツで良く使われるレーズンやブルーベリー等とは一味違う酸味とねっとりとした食感が特に。

ノア・レザン(小)


f:id:chronosdeer:20221016211808j:image


f:id:chronosdeer:20221016211834j:image

全粒粉のフランスパンにくるみとレーズンが入った一品。ゴツゴツとした岩肌のようなパンを切ってみると中にもしっかりと入っています。名前の「ノア」はくるみ「レザン」はレーズンを表すフランス語のようです。


f:id:chronosdeer:20221016211819j:image

生地の水分量は少なめの普通のフランスパンのよう。生地自体は全粒粉のため食べていても甘味が少ないですが、レーズンの甘みがあるのでそのままでもなんの抵抗なく食べられます。


f:id:chronosdeer:20221016211937j:image

しかしながらバターやジャムをつけて食べたほうがより美味しくなるのは確実でしょう。トーストして片方はバター乗せしました。


f:id:chronosdeer:20221016211915j:image

トーストするとくるみがローストされてパン表面のパリパリとあわさって本当に香ばしくなりました。


f:id:chronosdeer:20221017222012j:image

お値段は3つで1,242円(税込)でした。ちょっとお高めのパンもありましたがクオリティはやはり素晴らしいと思いました。

最後に店のリンクを貼っておきます。

www.bigot.co.jp

不定期更新。本当に気の向くままに自分の興味をもったことをアップするだけの洗練されていないブログですが、良かったら他の記事も見て行っていただけると幸いです。

 

格安パン屋 ブーランジェベーグのパン紹介 #29 1g2円量り売りパンシリーズ

格安パン屋ブーランジェベーグのパン紹介。

今回は量り売りしている商品をまとめて紹介します。

量り売りパンシリーズ

メイプルカステラ

中にメイプルシロップが入ったベビーカステラで、甘く香る一品です。一つあたりの重さは約13~14ℊ

こちらは前回の記事で紹介していますので下記をご覧ください。

chronosdeer.hatenablog.com

チョコカステラ


f:id:chronosdeer:20221015212614j:image

メイプルカステラのチョコレート版です。大きさも重さもメイプルカステラと全く同じ。


f:id:chronosdeer:20221015212627j:image

中を切ってみるとこちらはチョコレートソースが入っています。全体的に甘さ控えめでチョコレートソースは若干の苦みも感じられました。

 

ミニクロワッサン


f:id:chronosdeer:20221015212642j:image


f:id:chronosdeer:20221015212656j:image


f:id:chronosdeer:20221015212710j:image

指でつまめる一口サイズのクロワッサンです。一つあたりの重さは約9ℊ中身はしっかりとしていてかため。砂糖をかけて焼いてあるようでほのかに甘みも感じます。そして何よりも香ばしい香りが口いっぱいに広がるのが美味しい。あっという間に一袋食べきってしまう感じでした。

 

きな粉もちもち 


f:id:chronosdeer:20221015212802j:image


f:id:chronosdeer:20221015212820j:image

一見するとサーターアンダギー(沖縄の揚げドーナツでかたい)のような感じですが、やわらかいイーストドーナツの表面にきな粉がまぶされているものになります。一つあたりの重さは約15ℊ


f:id:chronosdeer:20221015212847j:image


f:id:chronosdeer:20221015212835j:image

ドーナツは非常に弾力があってもちもちしています。ちょうどミスドポンデリングの丸い部分をぶつ切りにして食べているよう。きな粉は砂糖が混ざっているものではない様子で味は穏やかな甘みです。

量り売り商品の特徴

これら量り売りの商品は1g2円(税抜)です価格改定後も値段は変わっていないようです。まあ確かに2.5円とか小数点がついてしまうと、お会計が複雑になってしまいますし、1円上げてしまうとかなり大きな値上げになってしまい、お客さんから不満も出そうです。ブーランジェベーグとしても価格を据え置くしかなかった商品という感じでしょうか。

私が良く行く店舗ではバラ売りで自分で袋詰めする形で売られていましたが、以前別の店舗に行った時は袋に入って値札が貼られている形で売られており、店舗により売り方が違うようでした。

 

不定期更新。本当に気の向くままに自分の興味をもったことをアップするだけの洗練されていないブログですが、良かったら他の記事も見て行っていただけると幸いです。

成増のパン屋 パン工房TIMELINEのパンを食す。豚肉ときんぴらのパンが素晴らしい

今回の記事は成増の商店街にあるパン屋TIMELINE(タイムライン)とそのパンの紹介です。

お店の紹介

TIMELINEさんはGoogleで「成増 パン屋」で検索すると真っ先に現れるお店。食べログでも成増駅から徒歩7分程。成増北口商店街の中にあります。食べログで赤塚・成増にあるパン屋のベスト10に名を連ねるお店です。

(外観の写真を撮り忘れました(>_<) ただ、坂になった商店街を駅の方から下っていくと左手に看板が見えてくるのですぐにわかります)

店に入って店員さんにお勧めのパンを聞いてみると自家製の天然酵母を使った「ブール」だとのこと。しかしながらそれだけでなく、「クロワッサンは水の代わりに牛乳を使っています」とか「ハード系のパン目当てで来てくれる方やベーグル目当てで来てくれる方もいます」とか聞いていないことまで説明してくれました。そしてこちらでパンを紹介することも了承いただきました。

混んでいない時だったとはいえ、これだけ語るほどパンに愛着がある店員さんがいるパン屋さんは素敵だと思います。今回はお勧めの「ブール」ではないのですが、ホームページで詳しく紹介されていないパンを3つ買いましたので早速紹介します。

パンの紹介

写真左から豚肉ときんぴら(値段 税抜350円)、クロワッサン(値段 税抜180円)、あんとクリームチーズのベーグル(値段 税抜210円)

f:id:chronosdeer:20221009165154j:image

 

あんとクリームチーズのベーグル


f:id:chronosdeer:20221009165317j:image

一般的なベーグルというとドーナツ型を思い浮かべますが、こちらはツイストパンを丸くしたような感じの見た目をしています。

 

f:id:chronosdeer:20221009165327j:image

引っ張ってみると物凄いモチモチ感で抵抗があります。中々ちぎれないです。

f:id:chronosdeer:20221009165356j:image

食べてみるとやはりベーグルの強いもちもち食感。そしてクリームチーズの塩気と餡が絶妙にマッチしていて美味しい。トーストすると表面はパリパリ、中身はもちもちのハイブリッド食感に。あんも温かくなって風味が増す感じです。あんとクリームチーズの量は個人的にはもう少し多ければとも思いましたが、ベーグルですのでこの量が適量なのかもしれません。

クロワッサン


f:id:chronosdeer:20221009185136j:image


f:id:chronosdeer:20221009185150j:image

水の代わりに牛乳を使っていると店員が仰っていたクロワッサンは甘さ控えめ。表面はこんがりとした感じでしっかりと焼かれていて、バターも適度に使われている。至ってシンプルでオーソドックスなタイプでした。

コーヒーには絶対に合うやつです。


f:id:chronosdeer:20221010050809j:image

豚肉ときんぴら

ここまで2つ紹介しましたが今回の推しはこのパンです。生地はフォカッチャのようでした。具がサンドされているようだったので一度開いてみたのでしたが、それが衝撃的でした。

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・


f:id:chronosdeer:20221009165209j:image

豚肉どーーーーーん。

今までこんなに中に豪快に豚肉が入ったパンを見たのは初めてだったので驚きました。

更に切ってみると

f:id:chronosdeer:20221009165222j:image

とてもきれいなきんぴらの断面です。細く切ってあって形が揃っています。

味の方は豚肉の力強い味が中心。きんぴらの味はそこまで自己主張があるものには感じず、豚肉の引き立て役といった感じでした。歯ごたえはきんぴらのシャキシャキ感と肉の柔らかさがあいまって美味しいです。

f:id:chronosdeer:20221009165236j:image

こちらは加熱したもの。加熱すると表面がサクサク、豚肉の香りが立って圧倒的に本当に美味しくなります。

絶対に食べる前に少し加熱するべきです!!!

お値段が350円ってちょっと高めな感じですが、食べてみてこれだけしっかりと具が入っていればこの値段は実に納得できるものだと思いました。

 

f:id:chronosdeer:20221009185129j:image

3つ買って800円かかりませんでした。店舗のホームページを見ても美味しそうなパンがまだまだありそうでしたので、また機会がありましたら是非別のパンを買いたいパン屋さんだと思いました。
TIMELINEさんのお店のホームページはこちら↓

timelinenarimasu.web.fc2.com

不定期更新。本当に気の向くままに自分の興味をもったことをアップするだけの洗練されていないブログですが、良かったら他の記事も見て行っていただけると幸いです。

突然自分の声が頭に響く状態になった話

今回の記事はタイトル通り自分に突然起きた耳の症状(耳管開放症)について書きます。

(いつものパンの紹介記事はお休みします)

突然現れた症状

先日あるマラソン大会(正確にはトレイルランニングの大会)で苦しみながらも9時間走り、必死の思いでゴールした後のことでした。同じランニングサークルの方と話した時にふと違和感を感じました。

(ん・・・なんだ?声がくぐもっている。頭の方に響いていて自分の声が聞きずらい)

最初は「高い山に行った時に耳に膜ができたように感じるあの症状」かと思いました。そして唾液を飲み込んだり、ペットボトルのお茶を飲んでみたりした。しかしながら全然良くなりませんでした。

不安になって色々調べてみた結果、これというものが浮上してきました。それが「耳管開放症」です。

 

耳管開放症

耳の奥にある「耳管」が何らかの原因で開きっぱなしになってしまう状態で、これによって自分の声や呼吸の音が響くようになるということでした。

この状態かどうかを見極める手段として、頭を下げた時に症状が軽くなるというのがあるようでした。試しに自分のへそを見るように頭を下げると、確かに、普通に自分の声が聞こえたのでまさにこの症状だと確信しました。これは血流が耳のあたりに行き渡り耳管を圧迫して耳管が少し塞がれるためのようです。

しかしながら頭を持ち上げるともとに戻ってしまいます。

結局この症状は家に帰るまで続くことになりました。

 

突然発症し、症状が治ったのはなぜか考えた

「耳管開放症」は放置するともとに戻らなくなるという恐ろしいことが書かれたホームページもあり(もう今夜寝て治らなかったら明日は耳鼻科に行くしかないか)と思っていました。

しかしながら家に帰ってとても喉が渇いていたので水分を摂取しました。(実は)すると不思議なことに症状がすっと軽快していったのです。

どういうことなのか、そしてなぜこのようになったのか。残念ながらその理由ははっきりしません。しかしながら、耳管開放症のメカニズム等を調べるうちにおそらく次のような仮説を立てました。

今回の耳管開放症はトレイルランニングの大会で体を酷使し、ストレスがかかったうえに脱水症状になっていたこと。そしてまたその大会で走っている最中に突然鼻水が出て来て、ティッシュで何度か鼻をかんだこと。(原因は不明。秋の花粉症によるものか?)これが引きがねになったと考えられました。

そして自宅に戻ってホッと一息ついた後に水分を十分に摂取できた時点で耳の血流が改善し開いていた耳管が圧迫されて閉じて行き、もとに戻ったというものです。

幸いにしてその後も何事もなく、耳鼻科に行かずに済みました。

皆さんももし突発的に自分の声が頭に響く状態になってしまった時の対処法として、上記に書いてきた私の行動。すなわち頭を下に下げて症状が改善するかどうかを確認する。もし改善するのであれば、リラックスした状態で十分な水分補給をする。この2つを試しに実践してみるのはいかがでしょうか。

それでも治らずに不安があるようならば絶対に放置せずに直ぐに耳鼻科に行かれることをおすすめします。

参考HP:

epark.jp

不定期更新。本当に気の向くままに自分の興味をもったことをアップするだけの洗練されていないブログですが、良かったら他の記事も見て行っていただけると幸いです。