自己満雑記

物事を続けることができない自分のアウトプットの場。歯科矯正等の情報を中心に気ままに発信。

#11 バジルとシーフードのピザパン

100円パンの店ブーランジェベーグのパン紹介。今回紹介するものは

バジルとシーフードのピザパン 税抜120円

f:id:chronosdeer:20220424170953j:image

チーズが満遍なくかかっており具が見えませんが、シーフードにはあさり、えび、イカが使われています。チーズを少しのけてみるとはっきりとわかります。

またこのチーズはとろけて下で羽を作っています。このカリカリが良い。

このパンは何といってもピザパンなので焼き立てが良いです。冷めてしまったら必ずトーストしてください。

このトーストすることで劇的な変化があります。

それは香り。トーストすると香りが立ち、口の中に入れた瞬間にぼわっと一気に鼻腔に広がっていく感じです。ガーリックが使われているようなので食欲が刺激され、一気に食べてしまいたくなります。

固まってしまったチーズも柔らかさを取り戻し、ピザパン本来の味を取り戻します。繰り返しますがこのパンは必ずトーストでお願いします。

ただし焼き過ぎると焦げてしまいますので、チーズが軽くとろけてくるまでにしておくと良いでしょう。

 

不定期更新。本当に気の向くままに自分の興味をもったことをアップするだけの洗練されていないブログですが、良かったら他の記事も見て行っていただけると幸いです。

#10 チョコスプレーがアクセント チョコリングドーナツ

100円パンの店ブーランジェベーグのパン紹介。今回紹介するものは

チョコリングドーナツ 税抜100円
f:id:chronosdeer:20220515135628j:image


f:id:chronosdeer:20220515135727j:image

チョコグレーズ(コーティング部分)にチョコスプレー(カラフルな粒々)がかかったドーナツ。半分に切ってみると


f:id:chronosdeer:20220515135751j:image

至って普通のドーナツの生地。チョコグレーズは表面のみでした。正直オリジナリティには欠ける感じです。コンビニ等でも似たような商品が売られているかもしれません。

ただ食べてみるとやはり美味しいです。口の中に入れ2,3度咀嚼すると、生地からジュワっと油が出てくる。それとチョコグレーズの味が相まって、スイーツ好きには至福の瞬間を味わえるでしょう。またチョコスプレー部分は食べるとサクサクした食感でこれもアクセントを与えてくれます。

あとは食べていて見た目チョコグレーズがボロボロとこぼれてくるかと思いきや、意外にもこぼれなかったのは良かった点です。

 

不定期更新。本当に気の向くままに自分の興味をもったことをアップするだけの洗練されていないブログですが、良かったら他の記事も見て行っていただけると幸いです。

#09 メインは卵とマヨ ハムエッグロール

100円パンの店ブーランジェベーグのパン紹介。今回紹介するものは


f:id:chronosdeer:20220514212522j:image

ハムエッグロール 税抜100円

ハムエッグというと目玉焼きをイメージしますが、これはロールパンの上に潰したゆで卵が載り、それをベーコンのような紐型のハムが取り巻き、上からマヨネーズがかかった一品です。


f:id:chronosdeer:20220514212543j:image

食べてみるとゆで卵はマヨネーズと絡んで柔らかく、口当たりは抜群。パンは食べると若干の甘さも感じられます。これにハムの塩気がアクセントとなって合います。

私はスパイシーさを加えたかったのでこれに黒コショウをかけて食べました。こうやってひとアレンジ加えてみるのも乙な食べ方ではないでしょうか。


f:id:chronosdeer:20220514212617j:image

残念ながらハムの量は決して多くはなく、メインは卵とマヨとなりますが、美味しい一品です。機会があれば食べてみてください。

不定期更新。本当に気の向くままに自分の興味をもったことをアップするだけの洗練されていないブログですが、良かったら他の記事も見て行っていただけると幸いです。

#08 王道スタイル 自家製カレーパン

100円パンの店ブーランジェベーグのパン紹介。

今回紹介するものは

f:id:chronosdeer:20220512074249j:image

自家製カレーパン 税抜100円

丸い形、油で揚がって色づいたドーナツ生地の中にカレーフィリングが詰まった、まさに王道スタイルのカレーパンです。


f:id:chronosdeer:20220512074125j:image

ブーランジェベーグのホームページでは売り上げNo.1の商品ということで紹介されていました。

 

切って中を見てみるとこんな感じ。


f:id:chronosdeer:20220512074019j:image

カレーフィリングには人参とチキンの細かいものが入っていました。辛さは私の感覚では甘口です。全然辛くありませんでした。

作りたてが最高ですが、冷めてしまった場合はぜひトースターで温めなおしましょう。

衣のサクサク感が変わるとやはり美味しさが変わります。

 

不定期更新。本当に気の向くままに自分の興味をもったことをアップするだけの洗練されていないブログですが、良かったら他の記事も見て行っていただけると幸いです。

#07 和と洋の最高の組み合わせ 十勝小倉あんクリームシャンティ

100円パンの店ブーランジェベーグのパン紹介。今回紹介するのは


f:id:chronosdeer:20220511130730j:image

十勝小倉あんクリームシャンティ 税抜100円

前回の抹茶アンパンに続くスイーツパンの紹介です。

(前回の記事はこちら↓)

chronosdeer.hatenablog.com

 

ラグビーボール型のパンの中に濃厚なホイップクリーム小倉あんがこれでもかというくらい入った一品です。


f:id:chronosdeer:20220511130811j:image

割ってみるとその量が半端ないです。


f:id:chronosdeer:20220511130817j:image

食べてみるとスイーツ好きにはたまらない舌が喜ぶ甘さ。この甘さはホイップクリームによるもので小倉あんの甘さは控えめです。これはそれぞれを別々に食べてみるとわかります。逆に言えばホイップクリームの甘さが際立ってしまうので、小倉あんの味が感じにくくなってしまっており、そこはちょっと残念な点でもあります。

そしてこのパンは生地にも特徴があります。


f:id:chronosdeer:20220511130844j:image

それは表面がメロンパンの生地のようになっている点。他に食感が近いものを例えるならば三立製菓カニパンの生地。表面が硬く中身は水分が殆どなくパサパサっとした食感です。私は最初コッペパンかと思っていましたが、過去良く食べた山崎製パンコッペパンのような生地とはほんのわずか食感が違うようでした。

生地がパサパサした食感と先に書きましたがクリーム&小倉あんがたっぷり詰まっているので気になることは全くありません。むしろ普通のコッペパンに入っているよりも美味しいかもしれません。

機会があればこの和と洋の最高の組み合わせを食べてみるのも良いかもしれません。

 

不定期更新。本当に気の向くままに自分の興味をもったことをアップするだけの洗練されていないブログですが、良かったら他の記事も見て行っていただけると幸いです。

#06 トーストで香ばしさ倍増 焙煎ごぼうサラダ

今回の記事はブーランジェベーグのパン紹介第6弾です。

紹介するのはこちら


f:id:chronosdeer:20220507173631j:image


f:id:chronosdeer:20220507173657j:image

焙煎ごぼうサラダ 税抜100円

ごぼうとにんじんそしてその下に海苔が載っており上からごまマヨネーズソースがかかっています。

このパンの味の特徴はなんといっても海苔。単なるごぼうサラダを載せたパンなのに、海苔の風味が加わることで絶妙な味わいへと変貌します。

そしてこのパンを更に美味しく楽しむ方法がトースト。適度なトーストでパンがサクサクとなり、より一層芳ばしくなるのです。前回のアンパンもそうでしたがトーストはパンの食感に変化を与えるのに最適です。

機会があれば買って半分に切ってみて、片方をそのまま、片方をトーストしてその違いを味わってみるというのはいかかでしょうか。

 

不定期更新。本当に気の向くままに自分の興味をもったことをアップするだけの洗練されていないブログですが、良かったら他の記事も見て行っていただけると幸いです。

#05 薄くても味は濃厚 宇治抹茶アンパン

今回の記事はブーランジェベーグのパン紹介第5弾です。

「夏も近づく八十八夜~♪」なんて歌はさておき新茶の季節になります。そこで今回紹介するのは


f:id:chronosdeer:20220428184850j:image

宇治抹茶アンパン 税抜100円


f:id:chronosdeer:20220428184906j:image

一般的なアンパンに比べると色は白く厚みのない生地に、白ごまがかかった一品です。見た目アンパンというよりは信州名物のおやきか中華料理のシャーピンのようです。

半分に割って中を見てみるとこのような感じ。


f:id:chronosdeer:20220428184920j:image

更に別の日に同じものを買って今度は楕円形の長辺方向に半分に切ってみたところ


f:id:chronosdeer:20220515140155j:image

端の方までしっかりと抹茶餡が入っていました。

食してみると抹茶餡はねっとりとしていて濃厚。抹茶のしっかりとした味わいとそれ以上に際立つ甘さがあります。そして見た目分かりませんがたっぷりと詰まっています。

パン生地は普通のアンパンと変わりありません。薄くて見た目がアンパンっぽくなくても食べてみると「アンパンだ。」ということが感じられます。

そしてこのアンパン、トーストするとこの薄さがメリットになります。

表面はパリっと仕上がるのはもちろん、中の餡まで熱が通りホカホカの抹茶餡になります。(外側)パリっ、(中の生地)モチっ、(餡)ねとっの三重奏(三重層)が美味しい。丁度たい焼きを食べているような感じです。

もちろん焼き過ぎると焦げてしまうのでそこは適度に加減が必要です。

見た目アンパンっぽくない。でも買ってみればその美味しさがわかります。機会があれば是非手に取ってみてはいかがでしょうか。

 

不定期更新。本当に気の向くままに自分の興味をもったことをアップするだけの洗練されていないブログですが、良かったら他の記事も見て行っていただけると幸いです。