自己満雑記

初挑戦の野菜栽培の備忘録を中心にインビザライン歯科矯正やトレイルコース等の情報も紹介しています。

カロリーメイトブロックについて語る

今回の記事は皆さんお馴染みのカロリーメイトブロックに関して私が気付いた点について書いています。

 

私は当初ブログのテーマとしてカロリーメイト、inゼリー、ソイジョイ等々巷のドラッグストアの健康食品売り場などで見かける、手軽に食べたり飲んだりできる栄養食品(お菓子)を取り上げようかと思い、野菜栽培のブログと並行してやろうか等という妄想を抱いていました(笑)。しかしながらいざブログをやってみると、まあ記事がすぐに書けない。自身の文章力の無さ、要領の悪さを痛感することとなり、とても2つのテーマで書いていく等できず、こちらのテーマでのブログ作成は断念することにしました。

しかしながら、野菜栽培も来年になるまで新しい野菜を作るのが難しい時季となり、ネタが不足しそうなので、こちらのテーマで試しに一つ記事を書いてみることとしました。

 

カロリーメイトブロックは言わずと世間に知れた栄養食の代名詞カロリーメイトのブロックタイプです。大塚製薬さんのHPによると1983年にチーズ味が発売され、その翌年にフルーツ味が発売されています。実に35年以上にも渡って売られています。発売当初はチーズとフルーツの2種のみ。両方同時に発売されたのかと思っていたのですが若干チーズの方が早かったようです。

  
www.otsuka.co.jp

 この「これまでの歩み」には登場していませんが、カロリーメイトブロックには一時期ベジタブル味も販売されていました。私はこの味も嫌いではありませんでしたが、販売中止になってしまいました。売れなかったのかもしれません。

下の写真はフルーツ味です。

f:id:chronosdeer:20200725162015j:plain

カロリーメイトブロック(フルーツ味)4本入り

フルーツ味と言っても、リンゴやミカン等代表的な果物ではなく、爽やかな柑橘系のグレープフルーツの味。原材料にはグレープフルーツパウダーとレモンピール加工品が入っていて、食べたことのある人はおわかりかもしれませんが、ほんのり苦みの効いた特有の味が感じられます。

カロリーメイトブロックの類似品(ハマダコンフェクトさんの「バランスパワー」やイオンの「ライトミールブロック」)を探して見ても、グレープフルーツのみを主体にした味の製品はなかったように思うので、この味はカロリーメイトブロックでしか味わえないのではないでしょうか。

※「バランスパワー」にはシトラスチーズ味が最近発売されておりますが、これはチーズの味が含まれるので、やっぱりカロリーメイトブロックのフルーツとは若干違います。

20200727203604

ただ、このフルーツ味で唯一私が残念に思う点があります。それは崩れやすいこと。すぐにぼろぼろとなってしまい、食べていると破片がこぼれてしまうこともあります。(というか丸ごと1本口に入れない限りはほとんどこぼれます。)

f:id:chronosdeer:20200725160341j:plain

開けた時点で表面にひびが見える

現在カロリーメイトブロックは5種類発売されていますが、おそらく最も崩れやすいのではないかと思っています。一度試しに比較してみたいです。口の中でほろほろとなり、食感としては悪くないのですが、テーブルとか周りが汚れてしまうことを考えると、個人的にはもう少しだけでも崩れにくくなってくれればいいなと感じます。

 

そして今まで全然気にもしてこなかったのですが、この記事を書くにあたり気付いたことがあり、それはカロリーメイトブロック4本でビタミンが1日に必要な量の半分がまかなえてしまうということ。実はパッケージの裏の文章にそれとなく書いているのですが、今まで見逃していました。

 f:id:chronosdeer:20201129172905j:plain

ちなみによく「1日の~%の栄養素が摂取できる」と書いてある食品は何を基準にしているのか。こちらも調べていくうちにわかったのですが、「栄養素等表示基準値」というものがあって、これを分母として、食品に含まれる各栄養素の量から割合を出すことができます。

参考:江崎グリコHP

jp.glico.com

 

本来栄養素の摂取量は年齢や性別によってばらつきがあるはずなので、どうしているのかと疑問に思ったのですが、ちゃんと固定された基準があるんですね。

カロリーメイトの栄養素で確かめるならば

ビタミンA:385μg 栄養素等表示基準値770μg  385÷770×100=50(%)

ビタミンB1:0.6㎎ 栄養素等表示基準値1.2㎎   0.6÷1.2×100=50(%)

ビタミンC:50㎎  栄養素等表示基準値100㎎  50÷100×100=50(%)

                 ・

                 ・

                 ・

となっており、確かに全てのビタミンで必要量の半分の量が含まれていることがわかりました。カロリーメイトさすが「バランス栄養食」と謳うだけのことはあります。

手軽に食べられて、栄養もしっかり取れるカロリーメイト。栄養食品の雄ではないでしょうか。

 

*今回も最後までお読みいただきありがとうございます。興味を持ってくださった方、また次の記事や他の記事も読んでいただけると、そして読者登録していただけるならば励みになります。なお、当記事及びサイトは大塚製薬株式会社及び関連会社とは一切の関係はございません。